赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の吸引以外の解消法は?

赤ちゃんの笑い声は、私達も笑顔になりますが、
鳴き声や悲しい声は大人が泣くより悲しいもの。

赤ちゃんは言葉で「助けて」と言えないからこそ、
何かしてあげたいです。

大人だって鼻が詰まると不快なもの。
口呼吸が下手な赤ちゃんは
きっともっと苦しいです。

早く解消してあげたいですよね
今回は鼻づまりで寝れない時の解消法をお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法(吸引方法について)

最近は『 鼻水吸引器 』があります。私も息子が赤ちゃんの頃にお世話になりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルエット ママ鼻水とって
価格:697円(税込、送料別) (2017/8/26時点)

昔は直接吸っていたそうです。

ともあれ、どのやり方でも、
初めはやさしく吸ってあげましょう。
吸う時は、あまり力を入れすぎないように気をつけて。

粘膜は傷つきやすいので吸い過ぎに注意です。

ネバネバした鼻水の場合は、
綿棒などで先にとってあげましょう。

スポンサーリンク

固まった鼻水や粘り気のある鼻水は、かなり取れにくいので、
ちょっと強めにベビーオイルを付けた綿棒で取ってあげます。

吸引の場合は、勢いよく吸ってしまわないようにお気をつけください。

赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法(吸引方法以外)1

基本、
鼻づまりの対策として、
まず部屋の乾燥を防ぎましょう。
そして、
鼻の下の肌荒れを治してあげましょう。

お母様のお肌のことも考えて、
ぜひ、加湿を。

赤ちゃんのお鼻が詰まっていて、
かわいそうな時、
蒸しタオルを赤ちゃんの鼻の下に
当ててあげるのもいいです。

指だけでは対処できない時は、
綿棒などにベビーオイルをつけて、
優しく取り除いてあげて下さい。

ベビーオイルは、
無香料でアレルギーに
ならないような成分のモノがオススメです。

赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法(吸引方法以外)2

こよりを使って鼻をムズムズさせ、
くしゃみをさせて、中に詰まっている鼻水を外に出す作戦があります。

ティッシュを指でねじって、
棒状にした、こよりですね。

お風呂上りにお鼻が温まって、
奥まで入りやすい、
そんな時に、
スッと入れてくしゃみをさせるそうです。

何個か作って、
トライしてみてください。
安心だし、
自分で出す、という力がつくと
お母様も救われます。

まとめ

母乳育児中のお母様だけができる
『 母乳点鼻 』

母乳を少し絞りスポイトなどで、
赤ちゃんの鼻に入れてあげるそうです。

でも、自己責任なので、
耳鼻科に連れて行くことも
お忘れなく。

赤ちゃんの鼓膜はとってもデリケート。

鼻を吸われて、
鼓膜を痛めている赤ちゃん、
けっこう多いそうですのでやりすぎは禁物。

くれぐれも鼓膜を傷めないように気をつけましょう。

【合せて読まれている記事】

鼻水が黄色でネバネバしているのを治す方法

RSウイルスの症状は?潜伏期間、検査方法、対処法など

ダニ布団対策はどうすればいいの?布団乾燥機or干すor掃除機のどれ?

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種時期や間隔は?副作用、卵アレルギーについて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする