インフルエンザなのに授乳したら感染してしまう?薬を飲んでも大丈夫?

インフルエンザにかかってしまった。でも自分には赤ちゃんもいて授乳中だ。という場合、
授乳も体液の一部であるということから
赤ちゃんに授乳することで、インフルエンザが感染してしまうのではないか?
薬を飲んだら母乳を通じて赤ちゃんに悪影響はないのか?心配になりますよね。

そこで今回は、インフルエンザにかかっている際、授乳しても感染しないのか、薬を飲んでも赤ちゃんに影響はないのか
についてお話していきます。

スポンサーリンク

インフルエンザは授乳で母乳から赤ちゃんに感染する?

結論から言っちゃうと、母乳からの感染はありません。

自分がインフルエンザにかかっちゃって赤ちゃんへの感染が
心配なら、可能なら実家のお母さんや頼める人に助けてもらいましょう。

それが無理な状況なら、ママはちゃんとマスクをして、手を洗って、
授乳の時は手袋をする、といった基本的なことに気をつけて
赤ちゃんに接すると良いでしょうね。

授乳中の人はインフルエンザの薬を飲んでも大丈夫なの?影響は?

インフルエンザの新しい薬が発売されても、安全性の評価が明確で
ない場合、多くは薬を止めるように指導されます。
これは理解できますよね。

タミフルの場合だと、母体血中濃度も母乳中に含まれる量も少ない
のですが、動物実験では大量投与の結果1才未満の赤ちゃんの脳に
影響がある可能性が指摘されたため、タミフル服用後の授乳は止められます。

スポンサーリンク

タミフルではなくても、不安がある場合は必ず産婦人科の先生などに聞くようにしましょう。

授乳はどうしても止めたくないけど、飲める薬はある?

授乳中の薬については、

・母乳が大切であること
・薬が赤ちゃんに与える影響

の2つを比較して判断することになります。

一般的には、
抗生剤、抗アレルギー薬、鎮痛解熱剤、鎮咳剤、抗ヒスタミン剤、抗インフルエンザ薬、
などは授乳を止めるほどではないと言われています。

授乳後すぐに薬を飲んで、次の授乳までの時間を長くするなど、
出来るだけ薬の影響を抑える工夫も必要ですね。

まとめ

余談ですが、授乳前のおっぱいの消毒はしないが吉、ですよ。
ママのおっぱいには「表皮常在菌」という赤ちゃんを守る菌が
いて、授乳の時に赤ちゃんに受け渡されます。

何でもかんでもきれいにすりゃ良いってもんじゃないんですね。
多少放置してた方が人間は自分で学ぶし、たくましく育ちます。

※あなたにオススメの記事
>>インフルエンザ家族の感染予防。隔離はいつまで?お風呂には入れるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする